クリニックで受ける包茎治療の基本的な流れ
クリニックで受ける包茎治療の基本的な流れ

クリニックで受ける包茎治療の基本的な流れ

包茎治療の基本的な流れについて

クリニックで包茎治療を受けてみたいけれど、どんなふうに治療が進行するのか分からなくて不安という方は少なくありません。
とくに手術なんていうと、とても大変なものというイメージが付きまといます。
しかし実際の包茎治療は、そんなに大がかりなものではありません。
はっきり言ってしまうと、歯医者に行くようなお手軽さだと思ってもいいくらいです。
包茎治療の基本的な流れとしては、まず電話などで予約を入れましょう。
クリニックを訪れたら、すぐにカウンセリングが始まります。
カウンセリングだけで終わることもできますが、基本的にはカウンセリングを受けた直後にすぐに包茎治療手術を行うということが多いです。
包茎治療の手術が終わったら、お会計を済ませて基本的にすぐに帰宅することできます。
包茎治療で入院が必要になることはまずありません。
手術後に抜糸でクリニックに再訪するケースもありますが、近年では自然に溶けて体内に吸収される縫合糸を使用していることも多く、1回で終わりということも珍しくありません。

実際の手術時間は1~2時間ぐらい

包茎治療における手術がどんな流れなのかが気になるという人も多いです。
包茎治療の手術は、基本的に1~2時間程度で終わってしまう簡単なものです。
手術台の上に寝て手術を受けますが、まず局所麻酔が施されます。
局所麻酔なので眠ってしまうようなことはなく、目が覚めたままで手術を受けることになるでしょう。
麻酔が効いていますから、手術中に痛みは全くありません。
包茎治療を受けた人のほとんどは、思っていたよりも簡単に終了したという感想をもらします。
手術中は全然痛くありませんが、手術が終わって家に帰ってから、麻酔が切れるとズキズキと傷が痛み始めます。
この痛みはどうしようもないので、とにかく家で静かに過ごして我慢する必要があります。
静かにしていれば、そんなに苦しくはないでしょう。
手術の最中に、女性看護師がいたら恥ずかしいと心配する人もいるかもしれません。
ですが、たいていのクリニックでは、男性スタッフだけで手術することが多いです。
そのへんは事前に情報収集しておくべきです。

まとめ

包茎治療の基本的な流れは、歯医者に虫歯治療に行くのとそんなに大差ありません。
クリニックに予約を入れて、予約日にクリニックに行きカウンセリングを受け、そのまま治療をするということが多いです。
包茎治療では入院の必要は基本的になく、当日すぐに帰宅可能です。
手術中は麻酔の効果で痛みは全然なりませんが、帰宅して麻酔の効果が切れると傷が痛み始めます。
傷が完全に癒えるまでは3週間くらいかかりますが、クリニックを訪れるのは手術当日の1回だけという場合が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。