包茎治療を受ける基本的な魅力とメリット
包茎治療を受ける基本的な魅力とメリット

包茎治療を受ける基本的な魅力とメリット

包茎治療にはコンプレックス解消効果があります

包茎治療はメリットが沢山あり、基本的には性機能の向上が最大のメリットになります。
基本的なメリットだけではなく、外見的なコンプレックスも解消されるのです。
例えば銭湯など浴場に行く時には、包茎では見た目のコンプレックスがありますが、外科手術を行えば外見的なコンプレックスがなくなります。

包茎治療を行うことで基本的な長所だけではなく、余分な包皮を取り除き亀頭部が露出するために、包皮の中の老廃物や尿の残滓が貯まりにくくなり、乾燥をすることで最近の発生も少なくなり、結果的に悪臭の原因も抑えられるのです。
包茎治療は性交渉や日常生活を問わず、目的以外にも基本的にメリットがすくなくありません。

包皮が剥けて露出することで、湿疹や性病の原因を抑制する効果もあります。
亀頭部が空気に触れることで衛生的になり、雑菌が原因になる炎症や湿疹などを抑制する効果だけではなく、性病などの原因になる確率も低くなるのです。

包茎治療の基本とメリットについてです

包茎には大きく分けて3種類があり、症状の軽い順から仮性と真性とカントンという症例があります。
仮性は男性の中で一番多い状態だと言われており、通常は亀頭部に包皮が被さっている状態のことを言います。
しかし比較的に簡単に指で剥いたり、陰茎部が勃起して膨張することで皮が自然と外側に押し出され、亀頭部が露出する仮の包茎という意味で仮性と言われております。
自慰行為や性交時には亀頭が露出して、尿道が表に出るので射精をしやすいのが特徴です。

その他の包茎としては真性包茎がありますが、仮性とは異なり亀頭部が露出しない露出してもごく一部のみという状態になります。
性交渉でも刺激感が少なく射精がし難かったり、射精をしても膣内に正常に射精をすることが出来ないなどの障害が発生することがあります。
カントン包茎は反対に、陰茎が膨張すると膨張率に対して皮の余裕がなく、内側は膨張しても外側の皮に余裕がない状態が続きます。
そのために痛みを感じる人が少なくありません。

まとめ

包茎治療は必要に応じて行うことが推奨されておりますが、軽度な包茎である仮性包茎の場合は、ケース場ケースですが不必要だと診察されることもあります。
仮性包茎は自費診療のため、自分の意思で外科手術をすることが出来るのが特徴です。

真性包茎とカントン包茎は、日常生活や性生活に支障が出る時には保険適用で、外科手術を行うことが出来ます。
手術の出来る病院の泌尿器科や、専門のクリニックで包茎治療外科手術を依頼することが出来るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。